申し込む前にコツを1つお教えします。

他社でも利用しているけどキャッシングしたい!
主婦やアルバイトだけど、キャッシングしたい!!

そんな方の為に、キャッシングカードの審査がとおり易くなるためのコツをお教えします。

まず、今まで実績の無い会社に申込するなら、高額の申込は避けてください。

融資希望額を10万にして申込してみてください
それだけで可決率がグンと跳ね上がるはずです。
もし、不払い等のトラブルが無ければ、ですけど。

でも、10万では足りない!と言う方も、安心してください。

入金実績さえ出来れば、本人が希望して限度アップを希望することで、利用可能額を上げていくことが可能です。

特に最近は法的に金融会社側から、限度額の変更は勝手に出来ませんので、貴方から希望することで、入金さえチャンとしていれば問題なく上げてくれるはずですよ。

ただし、以上の事は審査が個別に行われる以上、全ての方に当てはまるわけではありませんので、御了解ください。

では、以下のカードで是非試してみてください!





GMOネットカード

実質年率7.3%〜、最大融資額300万円、即日融資可能「GMOネットカード」★

特に5万円まででよいならこのカード!!
GMOネットカードの凄いところは 5万円までなら、最短15分で審査完了・ご回答、即時に貴方の口座にお振込いたします。
何がスゴイって、その可決率。否決になるケースがほとんどないとか・・・。





■商品名    キャッシング5
■実質年率   29.2%
■利用可能額  1万円〜5万円
■必要書類   原則不要(本人限定郵便必須)

NISファーストプラン

NISグループ
「ニッシン」から社名変更しました。かなり柔軟なカード発行と融資を行っています。一般的に審査が難しいといわれるパート・アルバイト・自営業の方への融資も積極的で、即日融資では更に甘いカード発行となっています。



■商品名    ファーストプラン
■実質年率   15.0%〜18.0%
■利用可能額  1万円〜50万円
■必要書類   運転免許証・健康保険証等、ご本人樣を確認できるもの

ディック

申込からわずか60秒で仮審査結果がわかる!
他社利用5件でも可決実績あり!!

ディック! は初回ご契約日の翌日から最長30日目までの利息がかかりません。
年収などの属性など審査の柔軟性は非常に高いといえます。




■商品名   無担保ローン50
■実質年率  12.88%〜29.2%※ただし新規のみ12.88%〜17.88%
■ご融資額  1万円〜50万円
■必要書類  免許証等 (保証人や担保は不要)

DCキャッシュワン

DCキャッシュワンなら、初回から最大300万円ご融資可能!最短で即日カード利用OK!即日融資が可能です。さらには実質年率15.00%〜18.00%のカードローンです。初めての方用に音声ナビゲーション付きの申込コースもあり、親切・簡単・スピーディーです。



■商品名   キャッシュワンカード 
■実質年率  15.0〜18.0%
■ご融資額  借入可能額300万
■必要書類  運転免許証、健康保険証、パスポート等の本人確認資料
       50万円超のご利用を希望される方は、直近の収入を確認させていただけるもの
(源泉徴収票・給与明細書など)も必要です。

OMCカードの「フォーライフ」

OMCカードの「フォーライフ」
は、ダイエーOMCのキャッシング専用カードだけあって、審査が『柔軟』!!最短30分で審査結果をご連絡します。即日発行コースなら、審査後即日カード発送可能!
山本梓カードが人気です。




■商品名   フォーライフ
■実質年率  〜28.8%
■利用可能額 1万円〜100万円
■必要書類  運転免許証や健康保険証などの本人確認法に基づく本人確認書類 

キャッシングとは?

キャッシングとは「金融機関が個人に対して行う、現金自動支払機(ATM)
等による小口金融」で、キャッシングと違い、消費者金融とは「銀行などの
金融機関や貸金業者が、消費者個人に耐久消費財やサービスなどの購入資金
を直接貸し付けたり、提携先企業を通じて信用供与を行ったりすること」と
されています。

一方クレジットとは直訳すれば「信用」を意味しており、信用貸しによる販
売または金融・信販・月販・消費者金融などを意味しています。

キャッシングと消費者金融(クレジット)とは厳密には意味合いが異なり、
キャッシングの方が消費者金融よりもクレジットカードの付帯サービスの
意味合いから、気軽な感じがあります。

また、融資とはキャッシングとは異なり、「資金を融通すること」で、
資金の使用目的が明確である必要があります。

審査とは @

キャッシングの審査とは、どのような事をするのでしょうか?

窓口や電話の場合、申込の際に各社制定のヒアリング用シートがあり、
それに基づいて、氏名・生年月日・住所・電話番号・居住年数などの
個人属性と、勤務先・所在地・電話番号・年収などの社会的属性及び
資金使途・他社金融機関利用状況等を記入又は入力します。

その内容を加盟する個人信用情報機関に照会し、審査資料とするのです。

個人信用情報機関からは、その申込人の個人属性や社会的属性は元より
信用情報機関に加盟する各社での契約状況・支払状況・残高・事故情報
等の情報が得られ、本人申告と照らし合わせることにより偽りがないか
確認することが出来るのです。

この際、他社での事故情報があると審査では非常に厳しくなります。

また、他社利用が本人の年収等に比べて多いと審査が厳しくなります。
一般的に5社200万を超えると、多重債務者と看做されやすい為、
このあたりが審査の境目になるようです。

審査が柔軟、というのは他社で5社以上利用している申込人を可決す
る可能性のある会社という事になります。

審査とは A

キャッシングの申込みをして、まず審査で断られる方はと言うと一般的に
次のような方と言えるでしょう。
(ただし、会社によって基準が異なる為、100%とは言いません。)
 
 ・破産等の法的手続きを申請中、又は宣告を受けた方。
 ・信用情報機関で、支払い状況の悪い情報が登録されている方
 ・失業中、又は無職の方

他にもいろいろあると思いますが、上記の場合は、まず新規借り入れは困難
と思われます。

ただ、そのうちの「無職」のカテゴリーに「専業主婦」が入るかどうか、と
言うのは会社によって判断が違うようです。

これはなぜかというと個人情報保護法が少なからず影響している為と思われ
ます。

以前は、主婦なら夫の勤務先や収入を聞くことにより判断材料のひとつとし
ていましたが、現在は本人以外の家族の個人情報を聞くと言う事は問題があ
るため、それもできなくなりました。
 
そのためパートもしていない全くの「専業主婦」の場合、審査が通らない
ケースが出てきているようです。

ただ、一般的には自社情報又は信用情報機関に適度な(この基準も難しいの
ですが)支払い実績等のクレジットヒストリーがあり、世帯収入があれば、
10万限度程度のキャッシング利用額なら、そこからスタートと言う事で、
審査が可決になるケースの方が多いのではないでしょうか?

学生についても同様です。

アルバイト収入しかなく、またそのアルバイト先も転々とするケースが多い
学生の方がリスクは高いと言えるかもしれません。
 
ただ、学生の場合は実家の住所・電話番号等は審査時に必ず聞くことになり
ますし、親にバレたくないという気持ちもあるのかあまり大きく延滞になる
ケースは少ないのが現実です。

実際、学生の方が自由になるお金が多いことは珍しくありませんし、将来も
ありますしね。

これは主婦の方も共通していますが、ただご主人に知られたくないから、と
キチンと払う方と、あちこちに借金しまくって破産の道を突っ走る方と極端
に別れる傾向があります。

年金生活者などの高齢者は、年齢制限や法律により年金をあてにした融資を
行うのは禁止されていますので、審査はなかなか難しいのですが、やはり、
収入に余裕のある高齢者も多いため、各社とも積極的に行っているようです。

ただ、高齢化とはいえ、70才以下までと制限している会社が大多数といえます。


ネットでの申込から契約の流れ

融資されるまでの流れは、どのキャッシング会社も大体同じですので、
特にはじめて借入する方は、事前にしっかり確認しておきましょう

@フォームに入力
 キャッシング会社のホームページにある『お申し込み』または
 『ご入会』ページより手続きを行います。
 その際、住所や氏名、職業、年齢、メールアドレスなどの記入
 の必要があります。

              ↓

A 審査
 申し込み内容に基づき、キャッシング各社規定による審査が行
 われます。
 (キャッシング会社によっては数分で審査が完了します。)

              ↓

B審査回答
 E-mailないしは電話(選択)にて審査結果が通知されます。
 (キャッシング会社によっては数分で審査回答が行われます。)

              ↓

Cカード入会手続き
 Web上での入会の場合、指定金融機関口座への振込みが可能になります。
 本人確認書類を持参の上来店の場合は、その場でカード発行及び融資が
 行われます。

              ↓

Dカード受け取り
 Web上での入会の場合は、後日カードと入会条件が記載された書面が
 キャッシング会社から送付されてきます




広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。